アニメ化で話題!漫画『かつて神だった獣たちへ』ネタバレや最新刊は?評価・レビュー

”神”と称えられた存在が今は”獣”に。
元仲間を殺す隊長の苦悩の旅!

別冊少年マガジンに連載され、2019年にはアニメ化もされた「かつて神だった獣たちへ」。

兵器として改造された戦士「擬神兵」との戦いが描かれており、激しいバトルシーンとリアリティのある心情描写が人気を集めています。

かつて神だった獣たちへ_アニメ

©︎「かつて神だった獣たちへ」めいぴい / 講談社

当記事では『かつて神だった獣たちへ』のあらすじや注目キャラ、見どころ、ネタバレを含めて網羅して紹介していきます。

当記事を読む前に

当記事では、まだ読んだ事がない方向けの内容と、読んだ後のネタバレ内容がございます。

まだ読んでないという方は下記のアプリ・Webサイトで読んでみる事をお勧めします。

無料で読める漫画アプリやサイトへ(下記に飛びます)

著作権・引用について
当記事の記載内容は、管理人の個人的な見解によるものです。作者様の意図や思想とは一切関係ございません。また掲載されている漫画の写真・画像は、読者様に分かりやすく解釈や批評を行うために引用させて頂いています。著作権を侵害することを目的としておりませんが、万が一問題がある場合はご連絡ください。

漫画『かつて神だった獣たちへ』とは?基本情報

かつて神だった獣たちへ _ 1kann

©︎「かつて神だった獣たちへ」めいぴい / 講談社

基本情報
タイトル かつて神だった獣たちへ
作者 めいびい
出版社 講談社
連載誌 別冊少年マガジン
発表期間 2014年6月9日〜
巻数 / 話数 11巻(2020年10月現在)
ジャンル SF / ファンタジー / バトル / 冒険 /

\先に漫画を読みたいという方はこちら!/

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

漫画『かつて神だった獣たちへ』のあらすじ・概要

かつて神だった獣たちへ_あらすじ

©︎「かつて神だった獣たちへ」めいぴい / 講談社

パトリアという地で内戦が続いている中、平和の世の中に導いた群衆からは「神」と呼ばれていた”擬神兵”は、内戦後はただの害をあだなす「獣」と呼ばれていた。

主人公ハンクは、当時擬神兵を率いており、過去の約束から「獣」となった仲間達を狩っていた。

獣と化した父をハンクに殺された少女シャールは、なぜ父は殺されなければならなかったのかと言う真相を求めてハンクと旅をする事になります。

心を殺してかつての仲間だった獣達を葬るハンクが切ないですが、宿敵のケインを追って感情が彷彿するのみ見所になっています!

禁忌の技術をもって作り出された異形の兵士“擬神兵”。

戦乱の国を和平へと導いた彼らは“神”と称えられ、英雄となったのだが、内戦から時を経た今は、ただ“獣”と呼ばれている‥‥。その擬神兵たちを殺すために旅を続ける“獣狩り”のハンク。

そして、擬神兵だった父を彼に殺された少女、シャール。父が殺された意味を知るため、シャールは、ハンクと共に旅することを決意する!

漫画『かつて神だった獣たちへ』の登場人物・キャラクター

『かつて神だった獣たちへ』では、擬神兵部隊それぞれが魅力的なキャラクターのため、多くて紹介しきれませんがこのキャラだけは抑えておけ!というキャラを厳選して紹介します。

  • ハンク・ヘンリエット
  • ナンシー・シャール・バンクロフト
  • エレイン・ブルーレーク
  • ケイン・マッドハウス

ハンク・ヘンリエット

ハンク

©︎「かつて神だった獣たちへ」めいぴい / 講談社

擬神兵部隊の元隊長で、今はエレインを殺したケインを追いながら「獣狩り」の旅をしている。

夜にのみ「ウェアウルフ」に擬態でき他の擬神兵よりも圧倒的な強さを誇る。

ナンシー・シャール・バンクロフト

シャール

©︎「かつて神だった獣たちへ」めいぴい / 講談社

擬神兵であった父・ニーズヘッグの仇をとるためにハンクを追っている少女。

とある街でハンクを見つけて「象打ち銃」をぶっ放すが、ハンクの獣狩りをする姿を見て、父の死の真相やハンクたち擬神兵が断罪される存在かを見定めるために共に旅に出ることに。

エレイン・ブルーレーク

エレイン

©︎「かつて神だった獣たちへ」めいぴい / 講談社

擬神兵の生みの親で、ハンクとは親しい仲にあった女性。

ソムニウムという物質の研究に従事し、神の化石に触れたことでソムニウムの本質を理解し、人体実験の末にハンクを擬神兵にすることに成功させる。

もちろん禁術だということ分かっており、パトリア内戦終戦間際に擬神兵と関連技術を葬り去ろうとする。

ハンクを撃った後にケインに裏切られ銃撃を受け、行方不明のままになっている

ケイン・マッドハウス

ケイン・マッドハウス

©︎「かつて神だった獣たちへ」めいぴい / 講談社

擬神兵部隊の元副隊長で、終戦間際にハンクやエレインを裏切り、新パトリアを組織する。

擬神兵たりが”獣”と呼ばれるようになった張本人。

ヴァンパイアに擬態でき、人と変わらぬ姿をしているが、致命傷を追ってもすぐに回復する再生力、したいを操る能力、影に溶け込み瞬間移動などの能力を持つ。

漫画『かつて神だった獣たちへ奴』の魅力や見どころ、考察ポイント(ネタバレあり)

まにら

かつて神だった獣たちへの見どころを紹介します!

  • 擬神兵の存在の苦悩
  • 神と呼ばれた戦士たちの一見理不尽な行動

擬神兵の存在の苦悩

ウェアウルフ

©︎「かつて神だった獣たちへ」めいぴい / 講談社

禁術によって生み出された擬神兵。圧倒的な力を持ち、異形の存在になることができます。

彼らは長きに渡ったパトリアの南北戦争に終止符を打ち、「神」と讃えられていました。

しかし、平和になった世の中で、擬神兵の力や容姿から「獣」と呼ぶようになり、擬神兵の居場所がなくなっていきます。

人間に優しくする者、人間に害を与える者、色んな葛藤や苦悩を持つ擬神兵を、ハンクが想いを理解しながら殺していくのはなんとも悲しい気分と同時に、どこかすっきりした気持ちになります。

ただの復讐のお話ではなく、次々出てくる擬神兵それぞれのキャラクターの葛藤に注目してみてください。

神と呼ばれた戦士たちの一見理不尽な行動

神と呼ばれた戦士達が、どうしてそんなにも害をあだなす獣となったのか?という点を考えながら読んでみるとより一層面白いです。

大切な家族や故郷を守るため擬神兵に志願し、戦争に勝つために犠牲にされ、報われない最期を迎える。戦争中の心情、今の日本人には理解が難しく、口にも出せない痛みだと思います。

ある意味、神と呼ばれた戦士たちの一見理不尽な行動は、戦犯とされた日本の軍人だけでなく、無軌道な破壊だけが真実となる戦争体験者全てが背負わされる愚かさであると同時に、主体としての気高くもおろかで、勇ましくも哀れな我々人間そのものの一面でもあるのではとも考えられます。

獣となった擬神兵が、救いを求めて彷徨っている獣達の気持ちをしっかり感じ取ってみてください。

漫画『かつて神だった獣たちへ』のネタバレ含むTwitter等のレビュー

一気にハマってしまい最新巻まで購入しました
(5.0)

アニメ化のためなのか、サイトトップで紹介されていたので暇つぶしに無料分を読みました。 絵は好みの絵柄っはなかったのでハマらないだろうと思いきや、世界観が素晴らしく、一気にハマってしまい最新巻まで購入しました。 人の心の闇や深さを感じる場面も多く、考えさせられる話も多いです。 今後の展開に期待してます。

面白い世界観の設定
(4.0)

面白い世界観の設定の作品だと思います。ストーリーは物悲しいけれど、少し救われるような。切なくなりますね。

女の子と〜ってもカッコ良いです(。><。)
(4.5)

以前からこのタイトルが気になっていました。表紙の絵も綺麗で惹きつけられる表情で読んでみたいと思っていました今回アニメ化されてそちらを先に見たのですが、想像以上に面白くて無料版を読みました(≧▽≦)凄〜く先が気になりました。(^o^)v 女の子と〜ってもカッコ良いです(。><。)

※「Amazon」より引用
※「コミックシーモア」より引用

最新刊『かつて神だった獣たちへ』11巻はどこで買える?

2020年7月9日に第11巻が発売されました。

あらすじは下記の通り。

絶望の森を、慟哭の荒野を、悲痛の海を、幽冥の時間の中を狼は歩く。かつての戦友を殺すために‥‥。異形の者たちを狩り続ける、終わりのない暴力の旅路。『黄昏乙女×アムネジア』のめいびいが描く、傑作ダークファンタジー。
ケインを止めるべく新パトリアを目指すハンクとシャール。その旅の途中、アラクネが姿を現す。ケインと共に動く彼女が単身ハンクと接触する真意は…。一方、ケインは擬神兵計画を知るある男と再会を果たす。擬神兵を生み出す“鍵”ケインの研究に足りなかったものとは…。擬神兵計画に関わり運命を狂わせた者たちが新パトリアに集う──。

>>「ebookjapan」で読む

ebookjapan_thumb Yahoo!ユーザー必見『ebookjapan』特徴や読み放題キャンペーン・クーポン、評判を徹底紹介

ちなみに12巻はの発売日は未定っぽいです。

過去の発売日を見てみると5~6ヶ月の周期で発売されていますが、11巻の発売に1年間の空白の時間があったので、もしかしたら来年になるかもしれません。。

「待てないよ!」という方は別冊少年マガジンを買うか、下記漫画サイトから最新話を読むことをオススメします!

『かつて神だった獣たちへ』を無料で読める漫画アプリやサイト

漫画を全巻揃えたい方は「Amazon」や「楽天」

アプリでじっくり読みたい方は「マガポケ」

\1日1話無料で読める!/

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

漫画『かつて神だった獣たちへ』のアニメはどこで見れる?

アニメ化もされていますが、漫画とは若干物語が違います。

設定自体は一緒なのですが、アニメだと第1話が過去から始まります。

理解のしやすさはアニメからみても全然問題ないかと思います。

むしろアニメの方が見たいという方は、下記サイトからアニメが観れるのでぜひ試しで観てみてください。

\ 31日間無料キャンペーン実施中 /
「U-NEXT」無料でアニメを見る

U-NEXTの詳細レビュー U-NEXTの料金や評判は?加入して分かったサービス内容やポイント

『かつて神だった獣たちへ』のネタバレと感想まとめ

ここまで『かつて神だった獣たちへ』を紹介いたしましたが、やはりかつての仲間を殺すハンクの心情、擬神兵達の背景など、心に訴えかけられるシーンが満載になっています。

「獣」の前は一般兵だったので死の間際に隊長に語りかける言葉が切ないく、ハッピーエンドにはならないのではないかと推測しています。

 

ただ、みんなが納得できるラストが欲しいですね。続きにも期待です!

かつて神だった獣たちへの評価
ストーリー
(3.0)
キャラクター
(3.5)
世界観・設定
(4.0)
絵の画力
(3.5)
総合評価
(3.5)
  • Yahoo!プレミアム会員なら20%ポイントの還元
  • 初回ログインでもらえる50%OFFクーポン


無料
ebookjapanに登録

詳細記事:https://animan.biz/ebookjapan-review/

無料で漫画読み放題キャンペーン実施中!!